赤ちゃんの睡眠時間が遅くて心配!早く寝かせるための実体験談。

この記事は1分で読めます

お子様仮面が早寝をしているイラスト

今回は、赤ちゃんがなかなか寝ない時の実体験をお話しするぞ!

夜の7時や8時には寝ていたお子様仮面が、いったいどうして遅寝さんになってしまったのか!?

そして、どうやって早寝を取り戻していったのか!!

僕のファンのみんなにだけこっそり教えちゃうぞ♪

スポンサーリンク

赤ちゃんの睡眠時間が遅くて心配だ!

お子様仮面は、どちらかというと早寝さんな赤ちゃんだったんだ!

でも、僕たち大人の都合で「今日はお出かけだから」

とか

「今日はご飯が遅くなったから、お風呂が遅くなったから」

なんて理由で時々就寝時間が遅くなることがあったんだ。

それ自体はそこまで悪いことだとは思わないんだけど、だんだん…

「遅い時間が標準の目標睡眠時間になってしまった」

これがお子様仮面の睡眠リズムを遅寝さんに変えていってしまったんだ。

眠る時間が遅くなれば、当然起きる時間も遅くなる。

このままではお寝坊さんの大人になってしまう!(イクメン夫婦のように!)

イクメン仮面が早起きできなくて、遅起きさんになっているイラスト

僕はなんとかしなきゃって改善を目指したんだ!

赤ちゃんを早く寝かせるための実体験1「親が早く寝る!」

僕がまず取り組んだのは「親が早く寝る」という方法。

親が起きていると、どうしてもお子様仮面が遊びたがってしまい、なかなか寝ようとしなかったんだ。だから、「親はとにかく早く寝る!(布団に入る)」ようにして、お子様仮面が少しでも早く寝るモードに突入できるようにしたんだ。

早寝に挑戦するイクメン仮面のイラスト

結果、お子様仮面は少しづつ早寝さんのリズムを取り戻していったんだよ♪

赤ちゃんを早く寝かせるための実体験2「親が早く起きる!」

合わせて挑戦したことは「親が早く起きる」ということ。

お子様仮面が遅寝さんになるにつれて、起きる時間も6時だったところから7時、8時、9時と遅くなっていったんだ。

親としては「朝ゆっくりできて助かるなぁ」なんて気持ちも出ていたんだけど、これが続くと「やばい、お寝坊さんに育ってしまう!」と焦りだしたんだよね(>_<)

そんな状況を打破するために、親は早く起きてしまって、食器や洗濯機の音を遠慮なく慣らして「朝だぜ!起きろ~!」といった感じの合図を送るようにしたんだ。

イクメン仮面が早起きをして料理しているイラスト
結果、今では6時台に起きてくれるお子様仮面が復活しているぞ♪

赤ちゃんを早く寝かせるための実体験3「早めのお昼寝!」

さらに実行した早寝作戦は「早めにお昼寝させる」というもの。

お昼寝を早くすることで、夜の眠くなるタイミングを早くできないかと考えたんだ!

もともと14時過ぎにお昼寝スタート、15時台にお目覚めだったところを、今では12時過ぎにお昼寝スタート、13時台にはお目覚めというリズムに調整したんだ。

お子様仮面がお昼寝を早くしているイラスト

これも良かったのか、早寝をしっかりサポートしてくれている感じがしているぞ♪

赤ちゃんを早寝さんに! まとめ

僕が実行した大きな行動をまとめると・・・

  • 親が早く寝た!

  • 親が早く起きた!

  • 早めにお昼寝!

この3つをしっかり実行したことで、お子様仮面の睡眠リズムを安定させることに成功したぞ♪

お子さんが遅寝さんになりがちな時は一度試してみてね♪

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は、この記事も読んでるぞ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    運営者情報

    運営者情報はこちら

    おすすめ記事

    1. トイトレをする子供のイラスト
    2. パソコンのイラスト
    3. 大学のキャンパス
    4. コードレス掃除機のコスパが良かったので紹介するイメージ画像
    5. 砂場

    ツイッター